シミ 対策

シミができてしまうメカニズムとは

いつの間にかでき、だんだんと濃くなってしまうシミ。何とかしたい!と思っている女性は本当に多いことでしょう。
できればもうこれ以上は増やしたくないというのが本音ではないでしょうか。

 

そのためにはまず、シミができるメカニズムを知りましょう!
それが分かれば、効果的に防ぐ方法が見えてくるかもしれません。

 

シミは、過剰に作られてしまったメラニンが排出しきれずにお肌に残る事によってできてしまいます。
しかし、メラニン自体はお肌のためにも必要なもの。だから、紫外線を浴びるとメラノサイト刺激物質が「もっとメラニンを作りなさい」と指令を出すのです。

 

紫外線を浴びると肌の核にあるDNAが破壊されてしまったり、細胞が死んでしまったりすることがあります。さらに、皮膚がんなどの危険性も高まります。

 

それらを防ぐために、紫外線を真皮まで届かないようにしてくれているのがメラニンなのですよ!
ですから、メラニンが作られること自体は、お肌を守るために欠かせないことなのです。

 

通常、メラニンは役目を終えるとターンオーバーによって角質とともに排出されます。

 

しかし紫外線で角化細胞に異常が出てしまった場合などには、色素細胞にメラニンを作れという指令がずっと出ている状態が続いてしまうため、過剰にメラニンが作られてしまいます。

 

そして排出が間に合わず、肌に残ってシミとなってしまうのです。

 

また、お肌のターンオーバーが遅くなってしまうと、排出が間に合わずにシミになってしまいます。
ターンオーバーは加齢とともに遅くなりますから、年齢を重ねるとシミができやすいというのもうなずけますよね。

 

いかがでしたでしょうか。

 

やはりシミを予防するためには、メラニンを作らせるきっかけとなる紫外線を予防することが有効なようですね。


シミに効く美白有効成分とは

シミに悩んでいる方は、シミに効果がある成分の入った化粧品を使っていらっしゃるかもしれませんね。

 

みなさんは「美白有効成分」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
文字通り美白に効果のある成分なのですが、「肌を白くする」「シミを消す」「シミが薄くなる」などという表現はしてはいけないことになっています。
あくまでもメラニンの生成を抑える、シミ、そばかすなどを防ぐ、またはこれと類似したような効能が得られるという成分ということになっています。

 

美白有効成分を選ぶ時には、厚生労働省から認可されている成分を選びましょう。
厚生労働省から認可されている主な美白有効成分には、次のようなものがあります。

 

ビタミンC誘導体

 

ビタミンCは浸透しにくく、不安定なため、これを改変して安定性を高めたものがビタミンC誘導体です。
皮膚に吸収されてから成分が放出されるタイプのものや、皮内で代謝を受けない状態でも効果をすぐに発揮できるタイプなどもあります。
メラニンの還元作用や淡色化作用などがあります。

 

・アルブチン
コケモモなどに含まれる成分です。
チロシナーゼの働きを阻害することによって、チロシン、チロシナーゼが結合することを防いでくれます。

 

・エラグ酸
イチゴ、ザクロ、ラズベリーなどに含まれるポリフェノールの一種です。
チロシナーゼの働きを抑えます。
植物由来なので安全性が高く、抗酸化作用も期待できるでしょう。

 

・カモミラET
カモミラ(カモミール)が原料。情報伝達物質であるエンドセリンを抑制することにより、メラノサイトが増殖したり活性化したりするのを抑えます。

 

・トラネキサム酸
医療現場では止血剤などとして使われている成分です。
シミの慢性的な微弱の炎症に作用します。メラノサイトの活性化を抑え、プラスミンも抑制します。

 

・リノール酸(S)
サフラワー油などから抽出されます。リノール酸Sは、リノール酸の美白効果を高めたものです。
チロシナーゼを分解したり、メラニンの生成を抑え、排出を促したりする効果が期待できます。

シミの一種「肝斑」って何?

一口にシミと言っても、実はさまざまな種類があります。

 

シミの種類には、老人性色素斑や脂漏性角化症、肝斑、花弁上色素斑、雀卵斑(そばかす)、炎症性色素沈着などがあります。

 

一般的に最も多いと言われているのが老人性色素斑です。
これは紫外線による一般的なシミですので、今後のシミ対策に関しては主にこの老人性色素斑に関してご説明していきます。

 

これらのシミの中で、老人性色素斑意外に悩んでいる女性が多いのが「肝斑」ではないでしょうか。

 

テレビで肝斑の市販薬のCMなども放映されていたため、肝斑についてご存知の方も多いかもしれませんね。

 

肝斑は、30代〜40代の女性に多いシミです。
できてしまう原因はまだはっきりとは解明されていないようですが、女性ホルモンの乱れや妊娠、経口避妊薬、こすりすぎ、ストレスなどが原因ではないかと言われています。

 

肝斑の特徴としては、頬骨のあたりに左右対称に出るという事でしょう。
境目が比較的はっきりとしている老人性色素斑に対し、肝斑はぼんやりして境目が分かりづらいのも特徴です。

 

30代から50代前半くらいまでの女性に現れることが多く、更年期以降の年配に方に現れることは無いとされているようです。
むしろ、50代後半あたりから肝斑が改善して来るという方もいらっしゃるようです。

 

肝斑の治療は、飲み薬がメインとなります。
トラネキサム酸が有効とされており、市販薬も販売されています。飲み続けてよい期間が決められていますから、しっかりと守るようにしましょう。
血栓のできやすい方は服用しないほうが良いようなので、きちんと皮膚科にかかったうえで処方してもらったほうが安心かもしれませんね。

 

また、レーザー治療はレーザーの種類によっては逆効果になってしまうこともあるようなので注意しましょう。

 

紫外線によって濃くなることもあるため、UVケアは必須ですし、ストレスををためないことやこすりすぎないことも意識して過ごしましょう。

 

老人性色素斑との見分けも大事ですし、混在している方も多くいらっしゃいます。
ご自分のシミのタイプを知ることがケアの第一歩ですから、悩んだらまず皮膚科を受診するのが望ましいでしょう。

お肌のターンオーバーを整えてシミ予防をしましょう

よく「お肌のターンオーバー」という言葉を耳にするという方も多いでしょう。
このターンオーバーとは、お肌の新陳代謝や生まれ変わりの事を指します。

 

先ほど、ターンオーバーが遅くなる事によってメラニンが残ってしまい、シミができてしまうとお話ししました。
じゃあ、ターンオーバーを早くしてしまえばいいんだ!と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、それも少し違うようなのです。

 

ターンオーバーは、遅くても早くてもいけないものなのだそうですよ!

 

ターンオーバーには個人差があり、加齢によって遅くなっていきます。
通常は28日前後であることが多いようです。

 

これが乱れてしまう原因としては、加齢のほかにも睡眠不足やたばこ、肌の汚れをそのままにしておく、肌の乾燥などが挙げられます。

 

特に、ターンオーバーを過剰に早めてしまう原因には洗顔のし過ぎや角質ケアのし過ぎ(ピーリング)などが挙げられますから、ケアはほどほどに行うようにしましょう。

 

ターンオーバーを正常に整えるためには、まず何といっても睡眠が大事!
美肌のゴールデンタイム(22時から2時)についてはご存知の方も多いと思いますが、この時間に睡眠を取るのが理想と言われています。
でも、22時に寝るのって意外と大変ですよね!あまりそればかり意識してもストレスになってしまいますから、たとえ22時までに眠れなくても、寝はじめの3時間に質の良い眠りを得るようにしてみましょう。

 

それから、もちろん食事も大事です。
ビタミンAやC、亜鉛などを摂取するのが良いそうです。

 

また、こちらも当たり前のことですが、きちんと洗顔で汚れを落とし、かつ優しく洗い上げるのが大事となって来ます。
さらに、洗顔後はすぐに保湿をしましょう。

 

「ターンオーバーを整える生活をするぞ!」と意識してみることもまず大事ではないでしょうか。

気になるシミはコンシーラー、ファンデーションで無かったことに

できてしまったシミをすぐに消すことは不可能ですよね。
ですから、とりあえずの間メイクで何とか隠せないかな・・・と思っている方も多いと思います。

 

メイクでシミを隠すためにはコンシーラーやファンデーションが欠かせません。
ただ使うのではなく、ある程度のテクニックを駆使してシミを無かったことにしちゃいましょう!

 

まずコンシーラーについてです。
コンシーラーでシミを隠す場合、明るく見せるために肌よりも少し明るい色を選ぶ方もいらっしゃると思うのですが、これはかえってシミを目立たせてしまうことにもなりかねません。
コンシーラーは肌と同色、または少し暗めを選ぶようにしましょう。
なかなか自分の肌と合うコンシーラーを見つけるのは大変ですから、いくつかを混ぜて使うのも良いですね。

薄くて小さめのシミを隠す場合

筆タイプのさらっとしたテクスチャーのものを選ぶと良いでしょう。
筆がついていない場合にはリップブラシなどを使うのもおすすめです。その場合は、コンシーラー専用のブラシとして用意します。

 

小さいけれど濃いシミを隠す場合

硬めのテクスチャーのスティックタイプなどを選びます。
そのままつけると伸びないことも多いため、一度手の甲に伸ばし、それを指でシミよりも一回りか二回りくらい大きめに塗ります。
そしてシミの周りの部分を指でぼかしましょう。
シミの部分もぼかしてしまうとせっかく隠したシミが見えてしまいますから、あくまでもぼかすのは周りです

 

範囲の広いシミ(肝斑やニキビ跡など)を隠す場合

手の甲にコンシーラーを伸ばし、中心から少しずつ伸ばしていきましょう。指でトントンとなじませると良いでしょう。
または、筆タイプのコンシーラーとファンデーションで仕上げましょう。

 

次にファンデーションについてですが、ファンデーションの種類によってコンシーラーの前か後かが異なります。

 

パウダーファンデーションの場合にはコンシーラーの後に、リキッドファンデーションやクリームファンデーションの場合にはコンシーラーの前につけ、コンシーラーを付けた後にはフェイスパウダーで仕上げます。

 

パウダーファンデーションをつける時には、せっかくコンシーラーでシミを隠した部分を擦らないように気を付けて下さい。
まずシミの部分に上からスポンジで抑えるようにしてファンデーションをつけ、それから他の部分にファンデーションをつけることによって持ちが良くなりますよ!

 

濃いシミがある場合にはカバー力の高いリキッドファンデーションやクリームファンデーションなどを選ぶのが良いでしょう。

 

あまり目立たないシミの場合にはコンシーラーを使わず、パウダーファンデーションを全体に塗った後に、シミの部分だけにもう一度重ね塗りをしてシミを隠します。
シミを隠したいあまり、全体が厚塗りにならないように注意しましょう。

 

メイクでシミをきれいに隠すだけでも気分が全く違ってきますよ!シミが気になって人に会うのも恥ずかしい、などと思っていた方も、コンシーラーやファンデーションでシミを無かったことにしてみてはいかがでしょうか。

シミを予防するためにスキンケアで気を付けることは?

シミを化粧品ですぐに消すことは難しいですが、気長にお手入れをすればある程度薄くなっていくことはあるかも知れませんね。(しかしながら、しっかりと定着してしまったシミをスキンケアだけで薄くすることは残念ながら難しいとされています・・・。)

 

また、これ以上シミができないように予防をし、今あるシミを濃くしないためのスキンケアを心がけていきましょう。

 

シミを改善したい、予防したいという方は、先ほどもお話した「美白有効成分」が配合された化粧品を選ぶのが良いでしょう。

 

まず洗顔ですが、絶対にゴシゴシこすってはいけません。色素沈着の原因にもなりますし、シミを悪化させてしまう可能性があります。
しっかり泡立てて洗い、よくすすぎましょう。

 

メイクを落とす時には、刺激が強すぎないものを選びます。
しかし、メイク汚れが残ってしまっては元も子もありませんから、メイクの濃さに応じて必要なメイク落とし剤を選んで下さい。

 

すでにシミがある場合は、美白有効成分の配合された化粧水、乳液のほかにも、美容液を取り入れると効果的です。シミの部分に美容液をプラスします。
化粧水や乳液などをつける時には、ハンドプレスをすると浸透が良くなるでしょう。

 

メイクをする時には、紫外線の強い時期だけではなく一年中UVケアをしましょう。
紫外線の強い時期にはSPF値の高い日焼け止めを使用するのが望ましいのですが、SPF値の高いものには紫外線吸収剤などが含まれていることがあり、お肌にダメージを与えかねません。
ですから特別に紫外線の強くない時期には、さほどSPF値が高くなくてもお肌に優しい日焼け止めを使用します。

 

美白有効成分と日焼け止めを活用し、一年中シミ予防、シミ改善に励みましょう!

レーザーによるシミ治療について

本気でシミを消したいから、皮膚科やクリニックなどでレーザー治療を受けたい、と思っている方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

レーザー治療とはどのような仕組みなのか、治療の後はどのように過ごすのが良いのかなどを簡単にご説明していきましょう。

 

レーザー治療では、メラニン色素だけに(黒い色に)反応するレーザーを使って治療します。シミだけに反応し他の部分には反応しないため、健康な部分の肌を傷つけずに治療ができるのです。
シミ治療に使うレーザーの種類には、QスイッチルビーレーザーやYAGレーザーなどがあります。

 

レーザー治療といえば気になるのが「痛み」ではないでしょうか。
シミ治療では照射時間も長くないため、通常は痛みを感じにくいと言われています。
しかし痛みの感じ方は人それぞれですし、不安のある方もいらっしゃるでしょう。皮膚科やクリニックによっては麻酔や痛み止めのクリームなどを使うところもあるようですから、痛いのは絶対に嫌だという方は事前にしっかり調べておいた方が良さそうですね。

 

レーザー治療の後は軟膏でケアしたり絆創膏などでガードしたりする必要があります。皮膚科やクリニックなどの指示に従いましょう。

 

治療したシミは一旦皮膚が白くなった後、徐々にかさぶたとなり剥がれ落ちます。周りの肌となじんで目立たなくなるまでは3か月程度だと言われています。

 

また、シミ治療をした後の日焼けは厳禁となりますから、しっかりとUVケアを行いましょう。

 

レーザー治療を受ける際にはシミの種類の判別も大事ですし、後悔しないためにも信頼できる皮膚科やクリニックで施術を受けるようにしましょう。

さらなるシミを防ぐために今日からできること

シミをセルフケアで消すのは大変なことですし、もうこれ以上は絶対に増やしたくないですよね!
シミを増やさないためにできることをまとめてみました。

 

・紫外線は徹底的にガード!
シミを防ぐためには何といっても紫外線からお肌を守る事が大前提です。
日焼け止めはもちろんのこと、帽子や日傘を活用したり、紫外線の多い時期には必要以上に外に出ないようにしたりと出来る限りの対策をしましょう。

 

日焼け止めは使い分けも大事です。
日常紫外線なら日焼け止め効果のある化粧下地やファンデーションなどでも防げますが、紫外線が強い時期のリゾートなどではそれだけでは不十分!SPF値が高くPAの後の+が多いものを選ぶのがおすすめです。
ちなみにSPFとはUV−Bを防ぐときの数値を示したもの。直接日焼けに関わるのはどちらかといえばUV−Bの方ですので、長時間強い紫外線を浴びる時にはこの数値の高いものを選びましょう。
しかしSPF値の高いものは紫外線吸収剤などお肌の負担になる成分も含まれていますので、日常紫外線程度の場合には紫外線吸収剤の含まれていないものを選びましょう。

 

・実は美白には保湿が大前提!
意外と知られていないことかも知れませんが、美白をしたい方には保湿も重要なのです。

 

なぜなら、乾燥した肌は紫外線のダメージをいつも以上に受けやすいから!
乾燥した肌は角質がはがれにくくなります。細胞がとどまりやすくなってしまいメラニン色素も肌に残りやすくいため、シミができやすいのです。

 

肌にうるおいがあれば肌のバリア機能も高まり、紫外線をブロックする力も高まるでしょう。

 

美白ものの化粧品は乾燥しやすいものもあるため注意しましょう。
美白と保湿、どちらも叶えてくれる化粧品を選ぶのがポイントとなるでしょう。

 

・生活習慣や食事
そのほか、きちんと睡眠をとることや先ほど挙げたようなシミに効果的な食材を摂ること、お肌に大敵なタバコ、お酒などを控えることなども大事ですよ!

今話題のみちょぱ愛用洗顔料クリーミュー

シミ対策の一環として当サイトでおすすめしたいのが、今若者に人気のみちょぱが愛用しているというウワサのクリーミューです!

 

まぁ、ウワサと言いつつもみちょぱ本人がプロデュースしたという商品なので、絶対に本人が使っていること間違いなしの商品です。

 

みちょぱ自身が若いので、みちょぱが愛用している洗顔…と言ってもピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんが、それでも若い人が使って、しかもプロデュースまでしているというところに注目し、是非この洗顔料を一度使ってみてはいかがかなーと思う訳です。

 

ちなみに、クリーミューは薬局では売っていません。

 

じゃあどこで買えるかというと…それはネットです!

 

なぜネットでしか売っていないというと、単純に商品価格を下げて多くの人に使ってほしいからなんです。

 

商品価格が安くなる理由はなんとなくわかると思いますが、店頭で販売すれば店舗の家賃や人件費などが商品価格に乗ります。

 

ですが、ネットならその分が乗らないので安くなるという訳です!

 

ネットなんかで洋服や靴がお店よりも安く買えるのも同じ仕組みですね!

 

是非みちょぱの愛用洗顔料「クリーミュー」を試してみて下さい!

 

かなり評判が良いみたいですよ!